ご婚礼

筑前国一ノ宮の神前でかわす三献の儀

海上往来の守護神「住吉神社」で夫婦の契りをかわし新たな航海に漕ぎ出す
お二人を、料亭嵯峨野が格式高い祝いの席でお迎えします。

のしだし

博多の古いしきたりで、新郎の家で結婚式をしていたころの作法のひとつ。三献の儀が終わると新婦は白無垢を色物の振袖に着替え、三方に熨斗をのせて新郎の両親、兄弟姉妹の前に進んで、幾久しくとご挨拶をします。最近は「ご一同様」と1回で済ませるのが一般的です。

三献の儀

一般にいう三三九度のこと。夫婦固めの盃ともいい、三つ組盃の一番上のものを取って、新婦から先に御神酒をうけます。三献ずつ三回盃を受け本来ならここで新婦は綿帽子を取ります。

住吉神社

博多の「住吉神社」は、平安の昔から筑前国一ノ宮として朝廷にも尊崇され、全国にその名を知られた由緒ある神社。深い木立の中に静かに佇む本殿と拝殿は黒田長政が建立したものです。

祝いの膳

嵯峨野好みのお目出度い器に盛られる豪華な料理をご用意いたします。

詳しく見る

祝いの支度

貸し衣裳、結納、引き出物など、すべて嵯峨野におまかせください。

詳しく見る

披露宴

満足していただける、華やかで風格のある披露宴を演出致します。

詳しく見る

結納

花嫁となるその日まで、夢と憧れの実現をお手伝いいたします。

詳しく見る
0120-920-181
このページのTOPへ

〒812-0018 福岡市博多区住吉2丁目21-19住吉橋たもと アクセス・地図
tel.092-271-5745(代)fax.092-271-5748 お問い合わせ

Copyright © 2015 料亭 嵯峨野 All Rights Reserved.